株式会社緑産
TOPページ 会社概要 サイトマップ お問い合わせ
食品リサイクル肥料
茶粕3.5
TGコンポスト
茶葉土
CGコンポスト
指定配合肥料
生姜有機7-5-5
野菜5-5-5-1
メロン配合5-5-5
花咲き実なり343
培土
イチゴ土耕式高設栽培
標準管理表と費用
苺ポット培土
苺ポットミニ培土
苺育苗培土
マンゴーボックス栽培
新聞記事に掲載されました
マンゴーボックス栽培 導入事例
その他果樹ボックス栽培
導入事例
よくあるご質問
資料請求・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください
その他果樹ボックス栽培
容積自在型ボックスに、樹種特製を持たせた培土に植栽します。
例:マンゴー培土・桜桃(さくらんぼ)培土・葡萄培土・桃培土・柑橘培土・ブルーベリー培土・イチジク培土など
ボックス栽培写真
良質な腐植質土壌に永久陰電荷に富む粘土や鉱物の添加により、保肥力が大きい
土壌の三相構造(固相・気相・液相)のバランスが適切となり、望ましい根圏環境を保ちます
土壌の緩衝能た多角、肥料過多や気温の上昇による土壌酸度の急変などを緩和します
豊富な土壌微生物叢により、土壌病原菌に対する静菌力養水分の吸収力が大きい
厳重な生産管理により、均一で安定した品質です
栽培が土地と離れているので、土質や土壌を選ばない
培地の特化とあわせて、根圏管理、肥培管理が容易
根圏制限が自在で、健全性を維持しながら、コンパクトな樹体維持が可能
土壌の水分コントロールが確実で、各々のステージ管理が容易
樹冠管理(誘引・剪定等)の省力・低コスト化が容易
高品質な果実の安定生産が可能
新品種の導入や改植が簡易
サクランボボックス栽培
栃木県宇都宮市 こまき園様

「宇都宮でサクランボ収穫
真っ赤に鈴なりに
宇都宮市徳次郎町の農業駒場騏一郎さん(62)方の果樹園「こまき園」で、真っ赤に色づいたサクランボの収穫作業が始まった。
サクランボは園内の一角約70アールでハウス栽培されている、「佐藤錦」や「正光錦」など13種類約500本があり、ハウス内では鈴なりになった実を家族4人で収穫している。
駒場さんは「今年は日照不足と長雨で、色づきが例年より10日ほど遅い。形や味は良いので、天候次第でよりおいしくなります」と話している 」
(下野新聞 平成18年6月20日より抜粋)
お問い合わせ
電話055-974-1662 パソコンから
株式会社緑産
〒419-0104 静岡県田方郡函南町畑191-5地図
TEL 055-974-1662 FAX 055-945-0005
e-mail ryokusan@nifty.com
Copyright(C) RYOKUSAN,LTD.All Rights Reserved.